etoffe imprevue

北欧と日本をイメージしたモダンなデザイン。キルト作家の斉藤謠子が提案するソーイング向けファブリック

category_top_410531

テーマはモダンアート。幾何・植物・陶器・とアート的要素を感じる個性豊かなデザインが特徴。大人の女性に向けた布使いの楽しさをetoffe で表現しました。

3etoffe imprevue - コピー

インパクトある植物の柄はトートバッグなど、大きめのバッグに。雲をイメージした柄は、スカートやバッグなどにお勧めです。

IMG_2034

壺をモチーフにしたユニークな柄は、クッションなどインテリア使いに。北欧風の大きめのパッチワーク柄は、チュニックやワンピースなど、ウェア使いと、様々なシーンに楽しんで頂けます。

≪ 購入はこちらから ≫
綿100% 幅110cm 50㎝あたり 840円+税

≪レシピはこちらから≫ スカート・クラッチ・トートバッグ

 

斉藤謠子(Yoko Saito)
パッチワークキルト作家。トーンを大切にした配色と丁寧な作りの作品は、日本だけにとどまらず海外にも数多くファンを持つ。テレビ、雑誌などで幅広く活躍。千葉県市川市にてキルトショップ&教室「キルトパーティ」を主宰。日本ヴォーグ社キルト塾、NHK文化センター講師など務める。著書に『斉藤謠子のトラディッショナルパターンレッスン』、『斉藤謠子 お気に入りの布で作るキルト』(以上小社刊)『私のキルト』(日本ヴォーグ社)など多数。